スポーツ障害に対する

​メディカルチェック

 当院におけるスポーツ障害に対するメディカルチェックとは、スポーツの分野に精通した理学療法士がその競技に関連する「問診」、「身体機能評価」を行い、痛みの原因を明らかにするものです。

◆問診:痛みの部位、痛みが生じる動作、練習量や頻度、トレーニング内容などの調査

 

◆身体機能評価:柔軟性や筋力検査など

スポーツ障害について

 スポーツ障害とは、スポーツによって関節、靭帯、腱、骨などに繰り返し外力が加わることで引き起こされる障害のことです。オスグット病、シンスプリント、疲労骨折、腰椎分離症、野球肩、野球肘、テニス肘などのほか様々な疾患があります。
 初期の状態であれば、短期間のスポーツ休止で改善がみられますが、無理をして悪化させてしまった場合、長期のスポーツ休止のみならず、良いスポーツパフォーマンスを二度と発揮できない状態に陥ることもあります。

 

 スポーツ障害と向き合う上で、その病態や自身の身体の問題点について正しく理解すること、また、どのようなケアや予防方法があるのかを知ることがとても大切になります。

 ボールを投げる、蹴る、走るといったスポーツ動作は上肢・体幹・下肢を含めた全身運動です。そのため、野球やハンドボールなどの投球障害やサッカーの鼠径部痛、ランニングによる膝痛などは、患部以外の身体機能の低下によってスポーツ障害に至るケースが多々あります。例えば、野球競技の投球において、下肢の柔軟性や筋力低下は上肢に依存した投球動作となり易く、肩や肘の痛みの原因となります(下図)。そのため、根本的な解決のためには、患部のみの治療だけでなく、全身の状態を評価することで根本的な原因を把握し、総合的に対応していくことが必要です。

不安定な片脚立位は、後の投球フォームに影響を与えます。
​(肘下がりなど)
肘下がりは、肩や肘への負担となります。
例)投球障害肩・肘
​スポーツ障害に対するメディカルチェックの流れ
診察

医師による診断・治療方針決定(患部の治癒に必要な安静期間や競技続行の可否等)

必要と判断された場合、身体機能評価の指示が出される。

予約

​運動器リハビリテーション室にて直接、もしくは電話にて予約をとる。

当日

予約時間に合わせ来院し、総合受付にてチェックイン。待合室でお待ちください。

​お時間になりましたら、こちらから運動器リハビリテーション室へご案内いたします。

運動器リハビリテーション予約ダイヤル

​音声ガイダンスに従い、運動器リハビリテーションをご選択ください。

ご予約の変更・キャンセル・お問い合わせ等も承ります。

Copyright © 2019 HITACHINO ORTHOPEDIC CLINIC  ​All Rights Reserved.