​​新型コロナウイルス感染対策について
R2.5.10 更新

今般の新型コロナウイルス感染症(COVID-19) の拡大に伴い、医学系の学術団体より、状況に鑑みた診療の適用基準に関する提言が行われております。

患者様自身の健康管理について十分に留意していただくことはもちろんですが、疑いのある場合(下記ご参照ください)には、予約があっても受診、検査ができない場合があること、および、当院には隔離設備がございませんので、予約の変更をしていただく可能性があることをあらかじめご了承ください。

疑い症例

①37.5℃以上の発熱がある、または咳がある

② 現在同居する人に 37.5℃以上の発熱がある、または咳がある

③ 強い倦怠感や息苦しさがある

④ 現在同居する人が自宅隔離を要請されている

⑤ 過去 14日以内に、海外渡航歴がある

⑥ 過去 14日以内に、海外から帰国した人との濃厚接触歴がある

⑦ 過去 14日以内に、感染拡大警戒地域に滞在したことがある

⑧ 過去 14日以内に、屋内で 50 人以上が集まる集会・イベントに参加したことがある

 

患者様へのお願い

新型コロナウイルスを含む感染症の感染拡大防止の観点から、以下の点にご協力くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

◆ 受診前のご自身での検温の実施
◆ 
風邪の症状の有無の確認(咳・喉の痛み、倦怠感等の確認)

◆ 咳エチケット、マスクの着用等

◆ 手指消毒​

37.5℃​以上の発熱が確認された場合、処方箋のみの対応もしくは先に内科受診等をお願いする場合がございます。

運動器リハビリテーション及び物理療法に関しては、発熱時は基本的に対応できませんのでご了承ください。

なお、受付時に手指消毒及び体調確認を行っておりますのでご協力よろしくお願いいたします。

医療法人社団 ひたちの整形外科
初期症状・緊急性の高い症状・受診の目安
厚生労働省2020.5.8公表

【次のような症状は「すぐに相談」を】

  • 息苦しさや強いだるさ、高熱などの強い症状がある場合

  • 高齢者など重症化しやすい人で発熱やせきなど比較的軽いかぜの症状がある場合

  • 重症化しやすい人でなくても、発熱やせきなど比較的軽いかぜの症状が続く場合

【症状が4日以上続く場合は「必ず相談」を】

  • 発熱やせきなど比較的軽いかぜの症状が4日以上続く場合

 

新型コロナウイルス感染症に関する電話相談窓口

 

厚生労働省の電話相談窓口

  • 電話番号:0120-565-653(フリーダイヤル)

  • 受付時間:午前9時から午後9時まで/土日・祝日も実施

茨城県の電話相談窓口

  • 電話番号:029-301-3200

  • 受付時間:24時間対応

竜ケ崎保健所の電話相談窓口(帰国者・接触者相談センター)

  • 電話番号:0297-62-2161

  • 受付時間:平日午前9時から午後5時まで

​参考

Copyright © 2019 HITACHINO ORTHOPEDIC CLINIC  ​All Rights Reserved.